★「なんだかうれしい!」てんらんかい/開催中ー8月31日(愛知県児童総合センター)


by kousinnkyoku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:しょうがく感( 4 )

ノッティンポッチ君
f0176129_123279.jpg

搬出の日です。朝から、ながつ君とぶんちゃんも来てもらって、4人でてきぱき進めて、夕方には完了しました。

ちらし彫刻をひとつずつ折り畳んで詰め込んでいると、あぁこれは橋本から来たきしもと君が折ったやつだなとか、これは西巣鴨でカメラさんや野村さんとご飯を食べたときのだ、とか思い出したりします。
f0176129_1244971.jpg

えんどうさん、なかむらさん、くろださんともお別れです。お礼を言って、握手しました。アーカスの人たちは話しやすくて、楽しいです。

昨日、なかむらさんやくろださんと「ノッティンポッチ君は本当にいるんじゃないか」という話もして、ぼくもなんだかそんな気がしたので、天井に向ってノッティンポッチ君にもお別れして、レジデンス・アーティストのヤチュとも最後に少し作品を見せてもらってから別れました。

英語の微分帖もしたかったなぁ。ヤチュは封筒で巾着袋みたいなものを作っていて、かわいかったので、11月の展覧会にも行ってみたいなぁと思いました。

そのあとは、ながつミヤタぶんちゃんでお好み焼きを食べましたが、もうその時には半分夢のなかで、すぐにコロンと寝てしまいました。
f0176129_124974.jpg


しょうがく感は、

ジェット逹、かたぎりさん、
えんどうさん、くろださん、なかむらさん
ながつくん、ぶんちゃん、かすみちゃん
手伝い隊のみなさま、ヤチュ、白寿荘
きしもとくん、おおのさん、守谷市

のおかげで楽しくできました。ありがとうございました。

今後の予定は、

8月11日 ワークショップ/いどうとしょ感(ル・カフェ、高円寺)
  23日 ワークショップ/つちハンド(ノベルティ・子ども創造館、愛知)

  30日~
9月17日 RELAY(AD&A gallery、大阪)

です。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-09 11:59 | しょうがく感

8月8日(仕掛けの力)

仕掛けの力
f0176129_8583262.jpg

しょうがく感、2日目です。

始業前には昨日たくさん増えた「ちらし彫刻」などをかざり直して、ながつくんの鍵ハモチャイムで授業開始です。朝から家族連れで、いろんなかたが来てくれました。

小学校でちらしをもらったので来ました、というかたも意外と多くて、お母さんに「ちらしを見て、宮田篤はもっと大人のおじさんだと思っていたら、若いですね。握手してください。」とか言われて面白かった。

昨日の「しょうがく21年生」も、きょう気がついたら当たり前のように「百日オセロ」をやっていて、彼はつまり2日間の会期中に3回来たことになります。見つけた時は、うれしいを通り越して笑ってしまった。今日は「しょうがく30年生」になって帰っていきました。

児童クラブの子どもたちも、30〜40人くらい来てくれました。「しょうがく感」に対しては、一度ではちょっと多い人数だったのですが、彼らはガンガン遊んでいってくれて、引率のおじさんおばさんも一緒になって遊んでいました。
f0176129_857591.jpg

2日間見ていて、「しょうがく感」がよい空間になるときは、親子や知らない人同士がいっしょのアイデアや時間を共有しているとき、という感じが改めてしました。お姉ちゃんとお母さんに「ふたりは今しょうがく3年生なんだ。同級生だね」と話しかけたりすると、うれしそうな顔をしてくれて、こちらもうれしい。

名古屋市美でやった「びじゅつ感」のテキストに、学芸員の角田さんが「美術はコミュニケーションの道具です」と書いてくれたことを思い出しました。

あそび授業のあとは、ジェット逹の部活の時間です。今日はアーカス・スタジオの外にある、円形のバーベキュー場が舞台でした。

すもうとりや女子高生や、ねずみや猫やヒバリや鬼が、会場の真ん中にある土俵のような土地をめぐって争ったり、助け合ったりするお話で、でもそれは実は昨日も出て来た「モッティンペッチ君」が「ちらし彫刻すもう」で遊んでいる空想の物語だった、という一人芝居でした。とてもよかった。
f0176129_8552579.jpg

f0176129_85739.jpg

それから最後の放課後をじっくりと過ごして、今日も「卒業ワークショップ」です。卒業生にいろいろ言うのがとても楽しい。

「○○どの、あなたは昨日もけっこう遊んでいるのに、今日さっきまでプールに行ってたのに、よくまた来る気になりました。いっぱい遊んだね。しょうがく10年生であることを認めます。」

「○○どの、あなたはまだ0才だけど、おんぶされて寝ている間に、しょうがく4年生になっていますよ。おめでとう。」とか、校長としていろんな話をしました。みんな卒業して、「しょうがく感」は閉館です。

そのあとボランティアで手伝ってくれたお手伝い隊のみなさんにも少し話をしたのだけど、「ぼくのこういうワークショップのようなことは、じつは仕掛けの力は1割くらいしかなくて、あとの9割は自分で考えてコミュニケーションをとるしかない。なのに、帰って行く子はよく楽しそうにしているので、みなさん自分でたくさん考えてくれたのだと思います。ありがとう。」ということを、自分でやるときには普段は考えてないんだけど、なぜか思いついたので言いました。

きっと、お手伝い隊のみなさんに教えてもらったのだと思いました。
f0176129_8572042.jpg

[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-08 09:00 | しょうがく感
しょうがく21年生
f0176129_8384015.jpg
f0176129_8384884.jpg


しょうがく感、初日です。最初はお手伝い隊のみなさんに、遊びをひとつずつ説明するガイドツアーです。でも、20分くらいしか時間がとれなかったので、ざっと説明してまわっていると、終わるか終わらないかのうちに最初のお客さんが来てくれました。10時少し前くらい。

f0176129_8391480.jpg


さっそく「入学ワークショップ」で名札をつくってもらって、3教室の好きなところで遊んでもらいます。はじめに選んだのはちらし彫刻でした。その後はばたばたと家族がたくさん来て、お昼前にはなかなかの盛況ぶりです。家族で相談しながら探検するように次の部屋へ移動する様子が、よかったなぁ。小学校のとき、隣のクラスに行くと何か変な感じがしたりしたのを思い出しました。

ご家族のほかにもTAPスタッフの皆さんが来てくれたり、近くの児童館「キターレ」の館長さんが来てくれたり、茨城県職員の方や部活を引退した中学3年生が「しょうがく感」に来て遊んでくれました。

f0176129_839663.jpg


名札には遊ぶごとにシールが貼られていきます。それが1枚だと1年生、4枚だと4年生なのですが、今日はしょうがく21年生という、すばらしい学歴の持ち主が現れました。お昼を食べてからまた来てくれる、「1日リピーター」も少なからずいて、つわものです。

あそび授業の時間のあとは、部活の時間。「ジェット逹の一人芝居パフォーマンス」をみんなで見ました。教室に棲むわるもの、「クラスたたり」というおばけと、学校にいる妖精のような存在の「モッティンペッチ君」が戦います。いやぁ、面白かった。ストーリーの中に「百日オセロ」が入っていて、うれしくなりました。明日は何をするんだろう。

部活が終わると、放課後です。最後までゆっくりしてくれる人もいて、これもうれしい。帰る時には「卒業ワークショップ」です。シールを数えて「最終学歴」のはんこを押し、「○○どの、あなたは一回帰って昼ごはんを食べたのに、昼寝せずよく戻ってきてたくさんあそびました。しょうがく19年生であることを認めます」、などと言って名札をわたし、最後は僕らへの「つうち表」を書いてもらいます。

つうち表は、子どもが書けるものを用意して正解でした。大人だけにわたしても、たぶんあまりじっくり書けないで終わっちゃうんだけど、子どもが今日の「思い出」を書いている時間にアンケートをゆっくり書いてもらえた気がします。

子ども用には「きょうしたことの思い出を、ひとつ書いてね。絵でも字でもいいよ」と質問を書いたので、みんな絵や字でいろいろ書いてくれていたのだけど、「絵でも字でも描けません」というのがひとつあって、その通りです、と思いました。

あぁ、面白かった。

しょうがく感ではいろんな方にお手伝いをしてもらっていますが、横浜とか、橋本とか、茨城に来るのにけっこうたいへんな方もいて、とてもありがたいです。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-07 08:40 | しょうがく感

8月6日(体験入学)

体験入学
f0176129_8511210.jpg
f0176129_8512015.jpg

きょうも搬入のつづきをしました。
昼ごろにはだいたい出来てきて、ながつくん、ぶんちゃん、かすみちゃんにも手伝ってもらって進めました。

「体験入学」のうけつけもして、アーカスのえんどうさん、くろださん、なかむらさん、ゲスト・パフォーマーのジェット逹さん、近所の女の子のKちゃんが体験入学で「しょうがく感」をしました。そのときに新作「3分コッキング」を実際にはじめてやってみて、いろんな人と「もよう貿易」をしてコッキをつくるのがすごく楽しいことだとわかりました。わいわい作るとはまりそうです。

「3分コッキング」のコッキが並ぶと、どこかペインターのドローイングのようでもあるし、変わった形の重なりが見ていて楽しめます。Kちゃんは自分なりに理由を付けて、コッキのもようを作っていました。

きょうだけで60カ国くらい出来たので、階段の手すりの下のクシみたいになっているところに一枚づつ付けてみました。国連のようです。
ちょっとしたところに絵がかざってあったりもします。今日は「永遠のトワイライト(その②)」という絵をえんどうさんが見つけていました。

ジェット逹の一人芝居も、当日やるものをちょこっとだけ見せてもらいました。面白い。これはもう、必見です。ヤチュが不思議そうに見ていたなぁ。

「しょうがく感」ではまず「入学ワークショップ」をして、だいたいお昼すぎ頃までが「授業(あそび)」の時間で、それから「部活(ジェット逹パフォーマンス)」があり、「放課後(あそび)」のあと「卒業ワークショップ」をする、という感じになりそうです。

いよいよ、明日からしょうがく感です。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-06 08:57 | しょうがく感