★「なんだかうれしい!」てんらんかい/開催中ー8月31日(愛知県児童総合センター)


by kousinnkyoku
カレンダー

<   2008年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

はじめに
f0176129_2223243.jpg

宮田篤のこうしん局をご覧いただき、ありがとうございます。宮田篤です。

こうしん局は、2008年6月〜8月の「しりょう感」から、「和紙のちらし彫刻」「しょうがく感」「いどうとしょ感」「なんだかうれしい!てんらんかい」「つちハンド」などの展覧会・ワークショップの記録のために作成されました。

展覧会などの終了にともなって、定期的な更新は終了していますが、いろいろご覧になってくださいね。右のカテゴリから、選択して読むこともできます。

それでは、「こうしん局」を読んでみてください。

プロフィール

宮田篤(みやたあつし)


1984 愛知県生まれ、好きな食べ物はうめぼし
2007 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業
     同大学院美術研究科美術専攻在籍
2008 片岡球子奨学基金を得てオランダ短期滞在

最近は人とのかかわりあい自体を作品にしてしまうような活動が目立っているが、実はペインティングやドローイング、立体作品も手がける多才なアーティスト。概して思いつきを思いつきたてほやほやのまま尊重する態度がみられ、作品名などには駄洒落も多いが、本人はいたってまじめ。

■主な個展

2005 ほくほく星に進路をとれ(エビスアートラボ/愛知)
2007 はくぶつ感(U8projects/愛知)
2008 としょ感(エビスアートラボ/愛知)
     かんそう曲(鑓水青年美術館/東京)

■主なグループ展・パフォーマンス

2005 杣立つ(ガレリアフィナルテ/愛知)
     GOLDEN YEAR'05(エビスアートラボ/愛知)
2006 蜜干し展覧会(名古屋市民ギャラリー矢田/愛知)
     取手アートプロジェクト2006(茨城県取手市内各所)
2007 リキテックスビエンナーレ≪奨励賞≫(スパイラル/東京)
     本から街が見えた時(西尾市高砂町商店街/愛知)
     Wあつしの大運動会(BankART1929・BankARTstudioNYK/神奈川)
2008 「なんだかうれしい!」てんらんかい(愛知県児童総合センター)

■ワークショップ

2007 びじゅつ感(名古屋市美術館/愛知)
2008 和紙のちらし彫刻(和紙のふるさと/愛知)
     しょうがく感(アーカス・スタジオ/茨城)
     いどうとしょ感(LE CAFE/東京)
     つちハンド(ノベルティ・子ども創造館/愛知)

■主なテキスト

●雑誌・書籍
”はくぶつ感”レビュー 田中由紀子 美術手帖/2008年1月号
「びじゅつ感ワークショップについて」 角田美奈子 平成19年度名古屋市美術館研究紀要/2008

●その他
「うめぼしのひと」 角田美奈子 はくぶつ感のためのテキスト/2007
「ふでばこの宇宙」 水野永遠 はくぶつ感のためのテキスト/2007
インタビュー ARTholic 2008年6月更新号
http://artholicfreepaper.blogspot.com/2008/06/blog-post_2233.html


展覧会予定

★RELAY
http://www.adanda.jp/
http://d.hatena.ne.jp/saisentan/
2008年8月30日〜10月1日
(AD&Agallery/大阪)

★取手アートプロジェクト2008
http://tap2008.exblog.jp/
http://d.hatena.ne.jp/saisentan/
本展期間
2008年11月1日〜16日の金・土・日・祝
(取手井野団地を中心とした取手市内各所/茨城)

レジデンス期間
2008年10月1日〜11月19日(予定)
(取手井野団地/茨城)
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-28 22:16 | プロフィール

8月25日(RELAY)

RELAY

今月30日から、大阪のAD&A galleryの「RELAY」という展覧会に参加します。
リレー形式で展示を更新していくグループ展で、知らない作家さんと一緒にやらせてもらえることもあり、面白そうです。ぼくは9月5日〜10日の予定なので、第2走者くらいかな?

くわしくはこちらから。

AD&A gallery
http://www.adanda.jp/relay/
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-25 19:58 | じゅんび室

8月23日(つちハンド)

つちハンド
f0176129_2243643.jpg

愛知県瀬戸市のノベルティ・子ども創造館でワークショップ。瀬戸物の町・瀬戸なので、陶器用の土粘土を使って遊んだりしています。戦国時代には瀬戸は織田信長がパトロンのような存在になって器などを作っていたらしい。

つちねんどだったら「つちハンド」かな、ということで「他の人にねんどで自分の手を作ってもらう遊び」をしました。実際に相手の手にねんどを載せて、相手の手を触りながら「つちハンド」を作って(ふしぎな気持ちになる)、それを使って遊びます。仕上げにカラフルなつけ爪も付ける。定員が20人で、お父さんお母さんも入れて30人ちょっとくらいだったかな。
f0176129_2241066.jpg

「つちハンド」をつくるのは親子でわいわい言いながらできたのだけど、その後それでじゃんけんして遊ぼうと思ったら、意外と小さな子は恥ずかしがったりして苦労しました。年齢によっては、こういうこともあるのだなぁ。

最後にじゃんけんの手から連想して、それぞれ何かを作って帰ります。誰かと合体してもかまいません。「グーのつちハンド」同士の姉妹が、いきなりほんとのグーパンチでねんどをつぶし始めました。間に他のねんどや、爪をはさんでいます。グーふたつで「メガマック」ができました。

その時、ぼくがちょうど「パーのつちハンド」を持っていて、これポテトみたいじゃない?ということになったので、手のひらを折り曲げて爪を「Mのマーク」みたいにして「ポテト」を一緒に作ってみました。
f0176129_223898.jpg


その後もWSで一緒だった子とふつうに遊んだりできて、面白かったです。
機会があれば、またどこかでやってみたいなぁ。

おくいさん、すぎはらさん、やまだ館長、
ノベルティの皆様、ありがとうございました。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-23 21:59 | つちハンド
和紙のちらし彫刻展
f0176129_2315245.jpg

8月3日に作った「和紙のちらし彫刻」のうちいくつかが、和紙のふるさとで展示されています。

あの日は兵庫や大阪からもお手伝いに来てくれた人がいて、とても助けになりました。大阪から来てくれた加藤巧くんは、自分のアトリエで木を小さく切ってロウで煮た「積み木スタンプ」を作って来てくれて、これは「しょうがく感」でもなかなか重宝しました。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-19 23:14 | 和紙のちらし彫刻

8月18日(BONDANCE)

封筒

おもしろアクセ作家の江渕さんと、ダンサー/振付家のたまみさんから封筒が届きました。

たまたま同時だったのだけど、どちらもうれしいものが入っていました。お二人ともすてきなことをする方なので、またどこかで一緒にやりたいなぁ。

BONDANCE

Wあつしでお世話になっている特殊音楽家の山中カメラさんが、取手アートプロジェクトの推薦を受けて韓国に滞在されています。ブログがやたら面白いです。韓国版「マルトノ音頭」を作るらしい。

カメラの若大将
http://blog.livedoor.jp/y_camera/
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-18 23:41 | じゅんび室

8月17日(毎日ゲリラ)

毎日ゲリラ

7月から今月末まで県立大型児童館「愛知県児童総合センター」で、「こうしん局」という作品を出しています。これは作品ともワークショップとも言えないようなもので、テープを使って壁や床にずっと1本の線を引いていて、それをたどっていって遊んでもらいます。

ここはぼくのアルバイト先でもあるので、仕事の合間に作品の更新や補修をしていて、作業をしていると子どもに見つかって「何してるの?」と聞かれたりします。

なんとなくそれがゲリラ活動をしているようなので、正式には「こうしん局」だけど、心のなかでは「ゲリラ線」とよんでいます。

作家が働いていることも伝わっているので、1本の線の両端にあるキャプションを見て、「宮田篤はどこだ〜」とさがしに来る子もいて、よりゲリラ感が増しています。毎日ゲリラ活動です。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-17 23:33 | ゲリラ線
ほやほやのまま
f0176129_1827965.jpg


取手アートプロジェクト2008のプレス用のプロフィールを、去年「はくぶつ感」を企画してくれた水野永遠ちゃんに書いてもらいました。「ほやほやのまま尊重する態度がみられ、〜」とか、なんだか昆虫図鑑みたいで面白いです。

プレス用写真は、多摩美のエースくんのカメラで撮った「かんそう曲」の写真です。エースくんありがとう。

宮田篤|MIYATA Atsushi
1984年愛知県生まれ。愛知県立芸術大学大学院美術研究科美術専攻在籍。08年片岡珠子奨学基金を得てオランダ短期滞在。
最近は人とのかかわりあい自体を作品にしてしまうような活動が目立っているが、実はペインティングやドローイング、立体作品も手がける多才なアーティスト。概して思いつきを思いつきたてほやほやのまま尊重する態度がみられ、作品名などには駄洒落も多いが、本人はいたってまじめ。
主な個展に、07年「はくぶつ感」(U8projects/愛知)、08年、「しょうがく感」(アーカス・スタジオ/茨城)。その他の活動に07年ワークショップ「びじゅつ感」(名古屋市美術館/愛知)、パフォーマンスイベント「Wあつしの大運動会」(BankART1929,BankARTstudioNYK/神奈川)ほか。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-16 18:28 | じゅんび室

8月15日(サンス組曲)

サンス組曲

終戦記念日です。おばあちゃんの家に行きました。

おばあちゃん家にはピアノが置いてあるので、妹と、去年から思いつきっぱなしだった「サンス組曲」を試してみる。「サンス組曲」はじゃんけん3本勝負の作曲で、じゃんけんして勝った方は勝った手(グーやチョキ、パー)のまま演奏し、負けたほうは負けた手のまま伴奏します。

これを3回繰り返して終りにするので、3すくみの組曲なのです。けっこう面白かった。いろんなひととためしてみよう。

次々と午後はお茶会

取手アートプロジェクト2008から、選出通知をいただきました。ということで、10、11月はほとんど茨城県民になりそう。
くわしくはこちらから。http://tap2008.exblog.jp/

TIME AFTER TIME TEATIME AFTERNOON

というややこしい名前にしました。「次々と午後はお茶会」のような意味のつもりです。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-15 00:20 | じゅんび室
かん太は前をみる

高円寺で「いどうとしょ感」、微分帖をします。

微分帖をするだけなので、紙と色鉛筆くらいしか用意がなくて楽しめるのがよいところです。キャパシティは6〜8人くらいかな。もともとはカタリベカフェ(名古屋)でやろうという話もしていたのだけど、たまたま第1回は東京になりました。「いどう」だから、どこでもできるのだ。

8ヶ月のかん太くんがお母さんと来てくれました。
3時間で4冊、ゆっくり遊べたなぁ。

こういう場では、定期的に前の微分帖を反芻したりすると、場が楽しくなりそうな感じがしました。新たに解釈を加えたり、別の表現(絵など)に翻訳してみたりしました。


微分帖 Aug.11 2008 ②

かん太は
おせんべいを食べながら、 しっかりと
前を見ている。

かん太は
おせんべいを食べながら、 オリンピックで
金メダルをとった 北島選手を
めざして しっかりと
前を見ている。

かん太は
おせんべいを食べながら、 オリンピックで
金メダルをとった 柔道の内柴さんのように
強い男になれるように まずは
こわいこわいと思っているプールにチャレンジして 北島選手を
めざして しっかりと
前を見ている。

かん太は
おせんべいを食べながら、 オリンピックで
金メダルをとった 柔道の内柴さんのように
強い男になれるように おせんべいを
鉄アレイに もちかえて
トレーニングをつみ まずは
こわいこわいと思っているプールにチャレンジして 北島選手を
めざして しっかりと
前を見ている。

かん太は
おせんべいを食べながら、 オリンピックで
金メダルをとった 柔道の内柴さんのように
強い男になれるように おせんべいを
鉄アレイに くっつけて
食べる訓練を 右手だけでなく
左手にも もちかえて
トレーニングをつみ まずは
こわいこわいと思っているプールにチャレンジして 北島選手を
めざして しっかりと
前を見ている。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-11 23:34 | じゅんび室
つけたりはずしたり
f0176129_23232319.jpg

まずは取手アートプロジェクト2008の公開選考会に行って来ました。昨日お別れしたアーカスのえんどうさんにまた会う。90くらいの企画が提出されていて、ぼくもひとつ出しています。

企画とともに作品資料ファイルも添付していて、人のファイルをいろいろ見られるのが面白かった。

それから渋谷アップリンクでの江渕未帆アクセ展「つけたりはずしたり THE PREMIUM LIVE」に行きました。ふかさわ君やえつお君やウィリアムさんや森本さんや野村さんに尾引さんがいて、ACD気分です。片岡祐介さんに、また打楽器について教えてもらおうと思っていたら、出演は夜の部だけなのだった。すれちがいで、残念。

指輪ワークショップで作ったおもしろリングをもらって帰りました。ストローで作るのだけど、意外ときれいだ。アクセを見てライブを見て、主催者がゲストにインタビューされる時間もあったりして、面白い時間でした。
[PR]
by kousinnkyoku | 2008-08-10 23:23 | じゅんび室